ルプルプの染まりやすさ

ルプルプが染まりやすい理由はコレ!他の白髪染めトリートメントにない独自配合

投稿日:

@cosmeなど各口コミサイトで評価が高いルプルプ。

ルプルプの口コミで目立つのは…

・他の白髪染めトリートメントよりも圧倒的に染まりやすい!
・本当に3回でキレイに染まった
・一度しっかり染まったら1週間はばっちり!

と、とにかく「ルプルプは染まりやすい」というもの。

 

従来の白髪染めトリートメントといえば、確かに肌や頭皮にはとても優しく、負担をかけませんが、「染まりが弱い」というのが定説でした。

でもルプルプは、肌や頭皮への優しさはそのままに、「染まりの悪さ」を払拭!

特に2017年12月のリニューアル以降は、「染まりの良い」白髪染めトリートメントという圧倒的な立ち位置を獲得しています。

 

でも、口コミの中には「染まらない」というものもあるため、「本当に染まりやすいの?」「モニターのサクラの声ばかり取り上げてるんじゃないの?」と疑いたくなる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ルプルプは本当に染まりやすいのか、口コミや成分、処方から検証したいと思います。

ルプルプは本当に染まりやすいの?口コミをチェック!

 

まずはルプルプの染まり具合に関してコメントしている口コミをチェックしてみたいと思います。

「ルプルプは染まりやすい」という口コミ

それではまず、「ルプルプは染まりやすい」と高評価をつけている口コミからみてみましょう。

口コミ1:他の白髪染めトリートメントより圧倒的に染まる

54歳:専業主婦(大阪府)

48歳のときに病気をしてからちょっとしたものでもかぶれるようになり、「アレルギー体質になってしまったのかな?」という感じに…。

今までは美容院で染めてもらっていましたが、一度かなり頭皮に刺激を感じることがあり、怖くなって白髪染めトリートメントを検討。

50歳ごろからはずっと某有名企業の白髪染めトリートメントを使っていました。

その白髪染めトリートメントでもまあ染まってはいたんですが、最近白髪が急に増えてしまい、「もう少しきちんと染まる白髪染めトリートメントはないか?」とルプルプを試してみることにしました。

ルプルプ推奨の3層パック法などを実践したところ、びっくりするぐらい染まりました!

今までの白髪染めトリートメントだと、ところどころ白いものが目立ち、全体的にはまあ染まっているというレベルだったものが、ルプルプの場合は1本1本しっかりと色がついているのを確認できるレベルに。

他社のものとは染め方が違うからかもしれませんが、本当にルプルプの染まりやすさには驚きました。

 

口コミ2:固くて太い髪の毛でもやり方次第で色が入った

50歳:パート主婦(東京都)

ずっと市販の白髪染めできましたが、職場の人がルプルプを使い始めて艶々の髪の毛になっていったので、試してみようと思い、初回割引で購入。

私の髪の毛は、50歳にしては固くて太く、量も多いと言われます。

職場の人には「ルプルプはおすすめだけど、固くて太い髪だと色が乗りにくいらしいので、色が入らなかったらごめんね」と言われていましたが、ちゃんと染まりました!

保湿効果からかしっとりと髪の毛が落ち着いて、髪の毛の広がりもぐっとおさえられました。

やり方としては、3日連続で乾いた髪に30分放置という鉄則をしっかり実行!

もちろん保温やコーミングなど、できることはすべてやりきりましたよ。

今まであまり自分にお金をかけてきませんでしたが、子供も手を離れてきたので、これからは少し自分のために時間もお金も使おうかなと思います。

 

「ルプルプで染まらなかった」という口コミ

ルプルプで染まったという口コミがある一方で、「ルプルプで染まらなかった」という口コミも。確認してみましょう。

口コミ1:値段の割に染まらない!放置時間長すぎて面倒

42歳:パート主婦(京都府)

うーん。初回割引で買ったので、まあ今回はいいんですが、リピートはなしかな。

値段の割に染まらないな~という印象です。

初めての人は3回連続で乾いた髪に10~30分放置しないといけないらしいんですが、放置時間も長すぎますし、3日も連続で使ったら、チューブの半分もなくなっちゃうじゃないですか!

コスパ悪すぎでしょう。

この後は週に1回程度の使用でいいと書いてはいますが、実際、本当に週1でいいのかわからないですし。

もし2~3日に1度は染めの必要があるような状態になったら、いったい1か月に何円かかるんだっていう話ですよ。

ちょっとうちは白髪染めにそんなにお金をかけられないので、あきらめて市販の白髪染めに戻ります。

 

口コミ2:どこが染まりやすいのかわからない

38歳:派遣社員(東京都)

ルプルプは染まりやすいというこちらの口コミを見て購入。

どこが?

ちゃんと乾いた髪に10分つけて待ってみましたけど、まったく染まりませんけど?

このまま3日連続で使ってもたぶん染まらない気がするので、返品します!

開封しても返品OKというのは助かりました。

電話で返品大丈夫か問い合わせた時も、感じ良かったですよ。

 

口コミまとめ

「ルプルプは染まりやすい」という口コミと「ルプルプは染まらない」という口コミをピックアップしてみました。

両者の比率としては、「染まりやすい」ほうが圧倒的に多く、染まりやすいという方8に対して、染まらないという方は2の割合でした。

ルプルプで染まりやすさを感じたという方の中でも多かったのが、「他社の白髪染めトリートメントより染まる」というもの。

また、ルプルプは染め方にもコツがあるようで、推奨されている染め方を実践するときちんと染まるという印象でした。

 

逆に「染まらない」という方の場合、値段や染め時間の長さを気にしている方や、原因はわからないけど染まらなかったという方まで様々でした。

ルプルプは髪や頭皮に優しい分、市販の白髪染めと比べると染まりは緩やかなので、その点に納得できないと使用し続けるのは厳しいかもしれませんね。

 

ルプルプが染まりやすい理由とは?

 

口コミをチェックしたところ、やはり「ルプルプは染まりやすい」と答えている方が圧倒的に多いようでした。

では、ルプルプが染まりやすい理由とは一体どこにあるのでしょうか?

成分や染め方の仕組みから、理由を探ってみます。

【理由1】ルプルプはpH8.0の微アルカリ性なので染まりやすい

まずルプルプが染まりやすい第一の理由としては、ルプルプのpHにあります。

市販の化学系白髪染めの場合、pHは11~13と強めのアルカリ性。アルカリ性だと染まりやすいですが、髪の毛を傷めてしまいます。

一方、一般的な白髪染めトリートメントは、髪の毛や地肌への優しさを意識しているため、pHは6~7程度の酸性。

酸性だと、髪の毛の傷みを防ぎますが、染めは弱くなります。

ルプルプは、この中間をとれないかということを模索し、「髪や頭皮を傷めない&染まりやすい」というpH8.0を実現。

実はこのPH8.0という数字に成分を安定させるのはかなり難しい技術が必要だそう。

ルプルプはこの技術で特許第4891449号を取得しています。つまり、この技術を持っているのはルプルプだけということです。

口コミで「他社との染まりやすさの違い」を挙げている方が多かった理由の第一は、ここにあります。

 

【理由2】ルプルプは染め方メソッドが充実しているから染まりやすい

さらにルプルプは、スタッフ全員が毛髪診断士という資格を有しています。

ルプルプスタッフは、製品の機能性を最大限に生かすべく、「ルプルプメソッド」というオリジナルの染め方を開発。

今まで白髪染めトリートメントというと「お風呂の中で使える」というのを売りにしているものが多かったのですが、ルプルプの場合は「染まりやすさを重視したいなら、乾いた髪に使う」ようになっています。

濡れた髪に使うとどうしても成分が弾かれてしまうからです。

ルプルプメソッドとしては、他にも…

・使い始めは色が定着するまで3日連続で使う
・放置時間10分で染まらないなら、20~30分推奨
・3層パック方式で染める
・ブロッキングやコーミング重視

などがあります。

公式HPでもルプルプメソッドについては、細かく記載がありますが、製品購入時にも案内されますので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ:ルプルプは染まりやすいけど、合わない場合は返品OK!

今回は「ルプルプは染まりやすい」という口コミが多い理由を、ルプルプの成分やルプルプメソッドに注目して考察してみました。

ルプルプは他の白髪染めトリートメントと比べると、「染まりやすい」というのは事実です。

が、中には、「染まらない」「放置時間が長いのは耐えられない」「価格が高すぎる…」と満足できない方も。

そういう場合は、ぜひ全額返金保証を利用してください。

ルプルプは初回購入者に限り、開封後でも全額返金保証を実践しています。

「ルプルプ、ちょっと気になるな」という方は、ぜひ公式HPの初回購入割引を利用して申し込みを!

-ルプルプの染まりやすさ

Copyright© ルプルプ良い評判&悪い評判を包み隠さずお伝えするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.